登記のスペシャリスト司法書士の法律に関わる仕事

司法書士は、個人や企業などの依頼により、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する仕事です。
依頼者とよく話し合い、法律と照らし合わせながら仕事を行います。
相談に乗ることも仕事のうちになります。
司法書士の主な仕事に登記があります。
登記とは個人、法人などの権利を保護することを目的とする申請のようなものであり、登記を法務局が受理することで申請内容が法的に守られることになります。
例えば不動産登記と呼ばれるものは土地や建物の所有者を明確にするものです。
司法書士は所有者に代わり、法律に則て所有権を主張する手続きを行うわけです。
弁護士は司法書士にできる仕事ならすべて請け負うことができます。
しかし、登記の内容だけでも多岐にわたるので、業務内容の幅広い弁護士に対して、登記、業務委託については毎度扱っている司法書士の方が詳しいということがあります。
認定司法書士というものがあり、条件付きで簡易裁判所において、弁護士と同様の活動が認められるなど、国の意向で司法書士の活動範囲は広がりつつあります。