法律のスペシャリスト「弁護士」の仕事について

“離婚したいけど相手が対応してくれない”、“遺産相続でもめている”といった状況が、人によってバラバラなので話し合っても解決できないことがあるものです。
法律はルールであり、現代社会人が生きていく中で生じる問題に何らかの答えを示しています。
弁護士は法律に精通し、依頼者の相談に対し決まりに則った道筋を示します。
依頼を受けると過去の裁判記録、依頼内容に当たる内容を調べることになります。
弁護士は法律に精通しているといっても自らの記憶を頼りに仕事を進めるわけではありません。
必ず正しいかどうかを確認し、事に当たる上で内容を練り上げる作業が必要です。
法律を確認したら、依頼人あるいは依頼人の相手と交渉するため、あるいは裁判のための資料を作成することになります。
弁護士の仕事は何もすべてが裁判に絡むことではありません。
裁判に発展せずとも仲介役として、直接言いづらいことを人の間に立って打ち合わせをして、トラブルが起こる前に未然にする活動もあります。